杜の都の学生ブログ

東北大学で物理学を学んでいます。インプット過剰、いわゆる情報メタボにならないように、このブログで適宜学んだことや考えていることをアウトプットしていきます。

「10年後の仕事図鑑」③ LAST

 

 

 

 

今回で「10年後の仕事図鑑」に関する記事は最後になる。

 

 

 

 

この記事から来られた方は、ぜひ以前に書いた「10年後の仕事図鑑」①、②も読んでいただけると幸いである。

 

 

 

 

では、早速本題に入ろう。

 

 

 

  

 

 


 

④現在の日本社会の課題

 

 

あなたは「欧州」という言葉を聞いて何を想像するだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは「東洋」という言葉を聞いて何を想像するだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、「西洋」=「先進的、かっこいい、理想の社会」、「東洋」=「遅れている、規範的でない」などどいった漠然としたイメージが浮かんだのなら、それはまさしく日本社会が生んだ洗脳である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも「欧米」とは「欧州」+「米国」という概念である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦前、大日本帝国は主に欧州をリスペクトし、その文化や技術を積極的に真似していった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる「欧化政策」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期に発布された憲法民法、刑法は、完全に欧州のそれを規範にしたものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして戦後、日本は米国の統治下に置かれ、米国指導の下で戦後復興への道を歩み始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

欧米をリスペクトする日本は、実際に欧米から多くのことを学び取り、驚異的な復興を遂げた(戦後約20年でオリンピックを開催しているのは本当に偉大なことだと思う)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような歴史があるからこそ「欧米」という日本独自の概念は生まれ、「欧米」=「先進的、リスペクトすべき対象」という先入観が生まれたのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまでもTwitter等を見ていると「アメリカは~だからいいなぁ。その点日本は~。」といった構文をよく見るが、そのようなメッセージを発している人々の中には上に述べた「欧米主義」が根を張っている可能性がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、この「欧米主義」という「普通」は日本に多大な富をもたらしてきた。

 

 

 

 

 

 

 

それは事実である。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、前記事にも述べたように「普通」とは社会システムの上に成り立つものであって「普遍」ではないのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近代化を達成し、インターネットによるグローバル化、AIによる機械化が進行する今の社会システムにおいて「欧米主義」は果たして機能するだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いま、我々は「欧米主義」について自らの頭で熟考し、それをとらえなおす必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欧州・米国には欧州・米国の、日本には日本の問題点があり、それぞれの社会システムがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その事実を理解したうえで、我々は今「欧米主義」を脱しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤これからの時代の生き方(①の延長)

 

 

ここでは、仕事と私生活の関係について考えていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の日本では「ワークライフバランス」が声高に叫ばれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークライフバランス」とは、仕事とそれ以外(趣味、休暇など)の均衡を保つことである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに、仕事に偏りすぎず、遊びに偏りすぎずという考え方である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような考え方の下で、政府は「働き方改革」なる政策を進めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「ワークライフバランス」という考え方では、我々の時間を「仕事をする時間」と「それ以外の時間」に分けて考えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしこのような時間の考え方こそが、次世代の社会システムの上ではふさわしくないものになってしまうのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高度なインターネット化、通信インフラの整備、AIによる機械化により、人間活動としての「遊ぶ」、「働く」、「学ぶ」の区別はつかなくなってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

これに対し堀江氏は「とにかく楽しいと思うことを追いかけ、その中で他人と差別化を図れば、それが仕事になる。」と述べている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの時代、仕事と仕事以外の区別はつかなくなってきて、両者は一体化していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークアズライフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが落合氏、堀江氏が結論づけた次世代の我々のあり方である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、このような時代では人間は大きく分けて2つの生き方を選べるようになる。

 

 

 

 

 

  1. ブルーオーシャン的な考え方の生き方
  2. プラットフォームに吸収され、責任と生存戦略をCPに任せる生き方

 

 

 

 

 

1の生き方は、要するにCPでは到達不可能な価値を創出し続け、時代を前に進めていく生き方である。

 

 

 

 

 

 

 

 

CPでは到達不可能な価値? なんだそれは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

落合氏は難解な言葉をよく使うので理解しにくい。まずCPでは到達不可能な価値をとはなにかを考える前に、「CPで到達可能な価値」を考えてみることにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CPが得意なものとは、「高速情報処理」と「統計分析」である。つまり、膨大な量のデータを瞬時に解析し、そこから統計的な最適解をはじき出すことにおいて、人間は足元にも及ばないのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、「CPで到達可能な価値」とは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「統計を用いた最適化」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のことである。ここまでくれば「CPでは到達不可能な価値」とはなにかがわかるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

統計最適化の外にある統計的リスクの先を行くことで生み出される価値

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これこそが落合氏のいう「CPでは到達不可能な価値」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2の生き方は、例としてUber(自動タクシーサービス)の運転手を想像していただけるとわかりやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗客をつかまえる、最適なコースを見つける等の業務は全てUberの提供するプラットフォームに任せ、自らはそこから得た富で生活していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、機械に業務の大部分(またはすべて)を委任してそこで生まれた富を受け取って生きていくという生存戦略である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2つの生き方のどちらが優れているとか、どちらが劣っているとか、そういう低俗な問題ではない。

 

 

 

 

 

自分の能力に合わせて自由に生きていくという、ただそれだけのことなのだ。

 

 

 


 

 

 

これで、「10年後の仕事図鑑」の内容についてのコメントは終える。

 

 

 

 

 

 

 

この本を読んでみた感想としては、AIとインターネットの可能性にとてもワクワクさせられたというのが本音である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして同時に「情報」がいかに大切で、我々の行動を決定しうるのかについても考えさせられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本書執筆者である堀江氏の言葉に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「情報を知るとは、未来を知ることだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という言葉がある。僕自身、とても好きな言葉だ。

 

 

 

 

 

 

 

今一度、この言葉の意味をじっくり考えてみるのもいいかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

では。

 

 


 

 

<追記>

質問などありましたらコメントでお願いします。