杜の都の学生ブログ

東北大学で物理学を学んでいます。インプット過剰、いわゆる情報メタボにならないように、このブログで適宜学んだことや考えていることをアウトプットしていきます。

「10年後の仕事図鑑」 その2

 

 

 

 

今回は、前回の続きで、②と③について書いていく。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

②AIによって衰退する仕事、発展する仕事

 

 

具体的な仕事の例は本を読んでもらうこととして、ここでは一般的な話をする。

 

 

 

 

 

 

唐突だが、僕が所属している東北大学には、

 

 

 

理学部、工学部、農学部、歯学部、薬学部、医学部、文学部、経済学部、教育学部、法学部

 

がある。

 

 

 

 

 

なぜこれほど多くの学部が存在しているのか?

 

 

 

 

 

 

 

それはひとえに「分業」するために他ならない。

 

 

 

 

 

 

 

各々が自らの得意とする分野、興味のある分野のみを学んでいればよく、自らの不得意とする分野は、それを得意とする他人にやってもらえば良い。

 

 

 

 

 

 

 

ここでは学部を例に出したが、企業の仕事でも同じことである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経営を考える人、営業をする人、技術を提供する人、事務作業をする人・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

企業の人事はおよそこのような分業体制になっており、一人があらゆる業務をこなすような企業は少ないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

「分業」は社会を回す上でとても有益なシステムである。この事実については反対する人はなかなかいないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、社会にとって有益な「分業」体制だが、今まで分業する上であなたと競っていたのは「人間」のみだったのである。

 

 

 

 

 

 

あなたが他人より話がうまく明るいから、あなたは営業職になれた。

あなたが他人より物事を俯瞰的に捉えられ分析能力に長けているから、管理職になれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

常にライバルは「人間」だったのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、テクノロジーが発達した今、あなたのライバルは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械

 

 

 

 

 

 

 

 

 

となった。

 

 

 

 

 

そして、経営者は常に「コスト」という軸を持って動いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、あなたと機械を比べて、機械を採用するほうがコストが低いのであれば、あなたの仕事は機械に奪われることになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは「機械」と対峙したとき、どの能力をして勝てるだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

今ここで少し考えてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この問いの答えこそが、あなたが次世代に活躍する種になるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

そしてその仕事は、機械より人間が行う方がコストがかからない、または人間にしかできないものであるから、いわゆる「伸びる仕事」となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③お金と信用

 

 

一万円札はなぜ一万円の価値があるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

それはみんなが一万円札に一万円の価値があると思っているからである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり貨幣への「信用」によって成り立っているのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金=信用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という方程式が成り立っているのである。

 

 

 

 

 

 

 

そして日本国民はこれまでこの「お金」の方に重点を置いてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな必死になってお金を貯めてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがここでよく考えてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

お金とは、本来信用や価値を交換するためのツールに過ぎない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツールすなわち手段を貯めたところで、果たして創造的なことが出来るだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも日本国民の貯蓄精神は、戦時中に政府が軍事費を調達するために、国民に貯蓄を促したことに由来する。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな昔の社会システムによって企画された「常識」を未だに引きずっているのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重きを置くべきなのは「お金」ではなく「信用」なのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分自身に「信用」を貯めることがこれからの時代を生きる上で重要になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのためには自分の中に「交換可能」な能力を蓄えると良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

交換可能な能力とは、要するに他人に提供できる能力のことである。

 

 

 

 

 

 

 

 

わかりやすいところでは藝術作品を生み出す能力は、それを提供できるので交換可能である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような能力を自身に多く蓄えることで、自分を唯一無二の存在にしていくことで、その人はAIにも代替され得ない貴重な人材になることが出来る。

 

 


 

 

次回は最後の、④、⑤について書く。

 

 

 

 

 

では。